投資で財を為すにはやはり長期投資が良い!!

【株や投資信託への投資】

FXや外貨預金など為替の変動で利益を上げる投資はまた別として、株や投資信託は値上がり益を狙う投資です。基本的には安いところで買って高いところで売れば利益が産まれます。しかしどこが安値で、どこが高値か買いと売りのタイミングはなかなか難しいものがあり、下手を打つと高く買って安く売る利益を出すどころか損をしてしまいます。

あのオマハの賢人と云われる、投資の神様のようなウォーレン・バフェット氏でさへ「明日の株価、10日後の株価は分からない」言っています。5年後・10年後なら「今より上がっているだろう」というのです。

今まで株式市場には何度か危機が訪れました。大恐慌・ブラックマンデー・ITバブル・リーマンショックなどなど。しかし世界の株式市場を代表するニューヨーク市場は幾多の危機を乗り越えて、今史上最高値水準を謳歌しています。

このところから思うに資本主義経済が根本的に崩壊でもしない限り長い目で見れば、株式市場は常に拡大していくのではないかと。単純な考えかもしれませんが、過去の歴史今のアメリカ市場の動向を見ているとそんな気がしてきます。

株で投資をするうえでの注意すべき事項と勝ち方

【答えは積み立ての長期投資】

資産を着実に増やすなら株式や・投資信託への積み立てによる長期投資が良いと思うのです。毎月コツコツと同じ金額で、高い時には少なく安い時に多く買い買い付け単価を下げます。そして高値で利益が出ている時に思い切って売る。

長期で株式・投信を保有すれば配当などを長期で貰いそれをまた投資に回わして複利で利益が得られます。長期で持てば配当を逃さず貰うだけでなく、分割などで株式を無償で貰えるチャンスも逃しません。

短い期間で売り買いしていると、今が高値なのか、安値なのか判断が分からない、失敗する時がありますが、長期で鳴らしてみることでより確かな判断を下せます。長く保有することは最高の売り場を求める旅でもあるのです。

今は金融機関への現金を預入しても利息が殆ど期待できません。リスクは長期投資でもない事はありませんが、株式や投資信託への長期投資は資産作りに有効な手立てです。

普通預金と株式投資、どっちがお得か考えてみよう

【高利回りを求めるならFXで短期投資】

長期投資は資産作りにオススメですが、利回りとしてはあまり大きくなりません。もしより高利回りな商品を求めるならFXがオススメです。

FXの場合、長期の方向性として上下どちらに動くかを予想することは難しいですが、値動きは比較的大きなレンジ内に当てはまっていることがほとんどです。

なぜなら通貨と言うものは高すぎても安すぎてもよくないからです。

そのためレンジ内の値動きで細かく利益を出すことができますし、レバレッジを効かすことができるので、短期で回転させる取引にはもってこいです。

しかしながら高いレバレッジをかけることにはリスクも伴うので、しっかり勉強してから始めることが望ましいでしょう。